社会福祉法人 常美会のキャッチフレーズ
特別養護老人ホーム おくらの里

ヘルパーステーション
おくらの里

(第3870500992号)

事業紹介

サービス提供責任者 1名 登録ヘルパー 6名 の小規模なヘルパーステーションです。
ヘルパーは30代~60代と幅広い年齢で、福祉経験年数の10年以上のベテランが揃っており個性豊かなので、利用者との相性も考慮し訪問を行っています。

サービス内容

おくらの里ヘルパーは利用者のニーズに合わせ、家庭的な雰囲気を大切にする対応を心がけ、訪問時間を有意義に利用者とともに過ごす支援が行えるよう各ヘルパーの特性を生かし訪問配置を行っています。家事支援・身体介助のみにこだわらず、服薬状況や受診状況も含め、同じ事務所内の居宅介護支援専門員とともに日々必要に応じカンファレンスを行い、早い対応で問題にも対処しています。同施設内のショートステイ・デイサービスとの連携もケアマネを中心に密に行い、協力し合い、より利用者のニーズに合った支援ができます。月1回のヘルパー会を含め、随時の状況報告の伝達を行い、ヘルパー同士協力を惜しまず、お互いが働きやすい状況を作り日々励んでいます。
利用者とヘルパーの信頼関係を保ち、またチームケアとしてヘルパー同士の連携を大切にし、いかに利用者に安心・安全に在宅生活を継続できるかを模索し支援にあたっています。

事業の特徴
【身体介助】

(1)食事介助・服薬介助
(2)入浴介助・洗身・洗髪・衣類の着脱・身体の清拭・整容
(3)排泄介助・おむつ交換・トイレ介助
(4)離床・車椅子介助・移動移乗等の介助・通院・買い物・外出等の介助
(5)自立支援

【生活援助】

(1)掃除・整理整頓
(2)洗濯・補修
(3)調理
(4)買い物
(5)薬の受け取り
(6)代筆・代読
(7)その他家事

生活支援風景

利用者さんと

担当者より一言

訪問介護は日常生活の困難な利用者への生活援助です。
ヘルパーが一方的に援助を行うのではなく、ヘルパーは心を込めて誠実にかかわることで意欲を引き出し、その人らしい生活を「我が家」で継続していくことができる様、専門性を持って支援します。暮らし方は人さまざまでその人らしさがあります。

日々の生活はそれぞれの家庭・家族・地域の習慣や、一人一人の価値観があり、
その人に合った臨機応変な支援を行うことにより、自分らしい生活を継続していただけると考えております。

また私たちヘルパーは、生活をされる利用者の健康状態・身体状況の把握や、生活していく上での留意点・生活習慣などを理解し利用者との信頼関係を築けるよう努力が必要です。
利用者の中には、ヘルパーが訪問する日を楽しみに待たれておられ、多弁にお話される方も
少なくありません。心のケアとして独居の淋しさを私たちヘルパーが埋められると嬉しく思います。

私たちヘルパーより人生経験豊富な利用者からアドバイスや教えを頂き諭されることもあり、自分自身が人間として成長させられているように感じられます。
あるときは嫁になり・娘になり・・・家族になり・ご近所さんになり・・・いろいろな顔になりながら、利用者の「我が家」での生活をできる限り、安全に楽しく安心して継続できるよう、お手伝いが出来たらと思います。
常美会の理念である「常に美しい心」を胸に、日々励みたいと思います。

サービス利用までの流れ
要支援・要介護認定を受けている事が前提です。
サービス利用までの流れ要支援・要介護認定を受けている事が前提です。

利用までの流れ

上に戻る
Copyright © 社会福祉法人 常美会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.