社会福祉法人 常美会のキャッチフレーズ
社会福祉法人 常美会 各施設案内
  • HOME »
  • ブログ »
  • 職員ブログ

職員ブログ

面会制限一部緩和

7月15日より、入所者さんへの面会制限を一部緩和することとなりました。

最近では、四国、さらに県内でも新型コロナウイルス感染者が出て、特に東京では連日多くの感染者数とニュースなどで耳にします。

IMG_0511

 

入所者さんのご家族様からは、面会予約のお電話などで、「もう半年近くも会ってなかったから、やっと会うことができるので嬉しいわ。」とか「こんな状況ですもの大変ですよね。」など、安堵や喜び、労いのお言葉をいただきます。

実際にご面会に来られたご家族様からは、「元気そうでよかった。」と笑顔で口々におっしゃって下さいました。

入所者の方の中には、職員が「明日、奥様がご面会に来られますよ。」とお伝えすると、普段ほとんど表情を変えない方が、ニッコリ笑顔になって、手でOKサインを出されたそうです。

施設内で日々過ごされる利用者の方々にとって、大切なご家族の方とお会いできるのは、『何事にも代えがたい喜び=心からの笑顔』につながるのだと思いました。

一方、まだまだ予断を許さない状況下の中、面会時のマスクの着用・手指消毒・検温・人数と時間の制限等、ご理解・ご協力いただかなければなりません。今度とも私達職員も、業務中の消毒・換気の実施、高齢者福祉に従事している者として日常生活にも留意して行動したいと思います。

IMG_0509 IMG_0510

 

本来なら、そうめん流しやおくらの里盆踊り大会などの行事が行われる季節ですが、地域の年間行事・イベントが中止されたのに伴い、当法人もやむなく開催中止といたしました。毎年楽しみにして下さる入所者・利用者の方々はじめご家族の皆様、地域の皆様、他沢山の方々がおられる中、私達職員も沢山の人たちにふれあい、楽しんでいただける機会が減ってしまった事をとても残念に思います。

 

コロナウイルス感染・豪雨災害など、日本各地・全世界で悲しい暗いニュースが多いですが、今一度、自分自身が健康で幸せに生活を送っていられることの有難みを感じ、厳しい状況下の中ではありますが、微力ながら、皆様の『笑顔と笑顔』繋ぐお手伝いができればと思います。

IMG_0508

 

(おくらの里 事務職員S)

 

 

 

感動したこと

皆さん、こんにちは。

コロナウイルスも少し落ち着き、徐々に色々なことが緩和されつつありますが、東京などで第二波が起きているためまだまだ油断ができませんね。

 

今回は面会制限が行われていた中での出来事を紹介します。

入居されている97歳のT様、これまで元気に過ごされていましたが、食事形態が変わったころから表情も暗くなり、活気もなくなり、言葉を発することも少なくなってきました。

6月には血液中の酸素量が急に減り、在宅酸素も導入され、皆心配をしていました。

 

ある日、T様の状態悪化の知らせを聞いたご家族様が、遠方からはるばる面会に来られました。

コロナウイルスの感染予防のため面会を控えてもらっている中で、とっさに機転を利かした職員が、居室の窓越しでの面会を提案して面会ができるようになりました。

窓の外から手を振られるご家族様に応えるかのようにT様も手を振られました。その瞬間、感動された娘さんは嬉しそうに涙ぐまれたのです。

「家族の絆」、「家族の愛」に触れ、本当に素晴らしいなと感じた光景でした。

 

その後、T様は少しずつ回復されて元気も出てきました。私たちも一安心しました。

ご家族様の代わりはできませんが、これからも入居者様のお世話を微力ではありますが、一所懸命頑張っていきたいと、気持ちを新たにしたところです。

うわばら外観

 

(GHうわばら 介護職員A)

自粛期間中の過ごし方

皆さん、こんにちは。

新型コロナウイルスも少し落ち着き、私たちの日常生活でも色々なことが緩和されてきましたね。

しかし、第二波が到来してはいけないので油断はできませんね。

 

新型コロナウイルスが流行り、今までに経験したことのない自粛期間がありました。

なかなか外にも出かけることができず、家族で外食することもできず、家で過ごす日々。

1歳の娘も室内遊びが増え、外に行きたそうに窓を眺めることが多くなってきました。

 

そんな自粛期間中に何か楽しめることがないかと考えたのが「料理」でした。

普段作らないものを作ろうと思い、野菜とウインナーをたっぷり詰め込んだキッシュを作りました。

娘と半分ずつ食べたのですが、想像以上に上手くできて笑顔でパクパク完食。

cooking_mamaoishii5_girl

次は何を作ろうかなぁと、考える時間が楽しくなりました。

いつもできていた何気ないことを我慢する日々はとても辛いですが、普段しないことを今だから出来ることがあります。

ご飯は毎日食べるものだから、美味しく、楽しく、素敵な時間になるように仕事でも家庭でも大切にしたいと思いました。

 

 

おくらの里 調理職員I

 

 

我が家のある日

みなさん、こんにちは。

新型コロナウイルスは少し落ち着いてきましたが、まだまだ油断はできませんね。

気温が高くなり、マスクをしているのも熱くなってきましたね。

medical_mask06_woman

 

今年の1月頃にコロナウイルスが流行し始め、「マスクが不足する可能性あり」とニュースで流れました。我が家は花粉症用にマスクを買い置きしていました。花粉症のシーズンとなり、在庫も少なくなってきました。

手作りマスクを作ろう!となったある日のことです。

 

子供「マスク作ってくれるの~。私は犬の柄がいいなぁ~。キャラクターも欲しいなぁ~」と言われ一緒に布を買いに行きました。好きな柄を次から次へと持ってきました。

私「最初はどれか1つにして。私は不器用だから多くは作れないよ。」と自分が裁縫が苦手なため言いました。

祖母「簡単に作れるよ。」と器用な祖母から一言がありました。

 

布を買ってきてマスク作りに挑戦しました。

私「あ~失敗した。裏表はどっち?」と作業はなかなか進まず・・・。

祖母「さっきも説明したよ。また逆だよ。」と言いながら次々とマスクを作っていきます。

 

結果、不器用な私はマスク作りを諦めて祖母に丸投げをしてしまいました。

丸投げされた祖母はマスク作りが趣味となって毎日少しずつ作っていき、手作りマスクが大量に出来上がりました。

 

子供は手作りマスクが嬉しくて毎日違う柄のマスクをつけて過ごしていました。休校中に運動不足にならないように愛犬と外で遊んでいました。

 

私はマスク作りに向いていなかったけれど、マスク作りで家族の会話が増えました。子供は裁縫に興味を持つことができ、結果的に我が家にとってマスク不足は良かったのかなぁと思うのでした。

mask-handmade

(おくらの里 介護職員S)

自粛生活の中で

皆さんこんにちは。

梅雨入りが近いのか、雨の日が増えてきましたね。

今年は新型コロナウイルスの影響も有り、自粛生活に雨が降ると気分も下がり気味になってしまいます。

 

おくらの里では、この外出自粛期間をより良く過ごすために、

4月は館内でお花見を実施したり、

5月は母の日のプレゼントを渡したり、

笑顔が絶えない様工夫して過ごしています。

 

館内でのお花見では…

利用者さんに桜を見せてあげたいと思いインターネットにて、自宅の桜の木の枝を分けてくれる人を募集してみました。

賛同してくださる方から桜を集める事が出来ました。

皆様の協力で、喜んでくれる利用者さんを見ることができ、私たちもとても嬉しかったです。

母の日には女性の皆さんにプレゼントを渡しました。日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りました。

IMG_0662 R2.5 母の日

 

6月は父の日…

プレゼントは何にしようかな

何をあげたら喜んでくれるかなと…

今から考えています。

 

まだまだ自粛生活等、続くかと思われますが

皆さん心と体を出来る限りリフレッシュしてお過ごしください。

 

(おくらの里 介護職員H

 

 

笑顔の提供

みなさん、こんにちは。

まだまだ新型コロナウイルスの流行がとまりませんね・・・

感染予防のため、今までできていたことができなくなってきています。

例えば、外出行事、レクリエーション等です。また、部屋の中では1つ1つのテーブルの間隔も広くとるようになったため、皆さんと距離を感じることもあります。

 

どのように利用者さんに安心と笑顔を提供できるかを毎日考えています。

何気ない会話の中で利用者さんから笑いを提供していただけることもあり、ありがたいことだと感じています。

これからも毎日笑いの絶えないデイサービスの中で仕事を続けていけるように頑張りたいと思います。

kaigo_kurumaisu_obaasan

(デイサービス 介護職員Y)

 

 

行事の自粛

皆さんこんにちは!

 

最近、少しずつ暖かくなり過ごしやすい季節となりましたね。

もうすっかり春!

春といえば「お花見🌸」ですが・・・

今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、

施設内の行事が中止となっており、外出もできませんでした(>_<)

広瀬公園の桜も気が付けば散ってしまっていました。

来年は皆で行けるといいですね。

 

連日、ニュースでコロナウイルスの報道されていて不安がいっぱいです。

そんな毎日ですが、施設内では、皆さま元気に笑顔で過ごされています!

これからも感染拡大防止に職員一同努めていきます。

CIMG0390

 

(広瀬の里 看護職員I)

感染予防について

みなさん、こんにちは。

今年も、広瀬公園の桜が見頃となっています。

通勤時、車中から見えるほんのり淡い桜色が広がる景色は、様々な気持ちを和ませてくれます。

sakuranamiki-01

今月に入り、ますます新型コロナウィルス感染症の情報や感染症が急増している状況に、皆様も不安やストレスを感じる日々を送られているのではないでしょうか・・・

まず自身が、感染を拡大しないように日常生活で気を付けることをご紹介します。

 

・手洗いが大切

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石鹸で手を洗いましょう。手洗いが出来ない場合は、アルコール消毒液などを使用します。

tearai3_arau

・咳エチケット

せきなどの症状がある方は、せきやくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウィルスが付着しうつす可能性があります。

medical_mask02_girl

・外出を控えましょう。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

 

改めて、一人ひとりが様々なことを考え、再認識する機会となっています。自身の行動が、感染リスクを下げるとともに、大切な人を守ることに繋がります。

日々できることを継続し、皆で感染予防・拡大防止に努めましょう。

 

(おくらの里 居宅介護支援専門員K)

 

 

 

ひな祭り

皆さんこんにちは!

おくらの里別館がオープンして2年が経とうとしています。早いもんですね!

辛い事もありましたが、入所者さんの笑顔が僕を元気にさせてくれます。

今日は僕を元気にさせてくれる別館のひな祭りを紹介したいと思います。

IMG_0088  IMG_0096

IMG_0092   IMG_0090

 

皆さんお雛様に負けないくらい美しいです!笑顔も素敵です♪

IMG_0097

最後はお雛様をバックに全体写真を撮りました。

入所者のみなさんが喜んでくれる、その笑顔や何気ない会話で職員を笑顔にしてくれる、だから辛い事があっても、頑張れるんだなぁと思いました。

今は感染症の流行の時期で大変ですが、介護は人を笑顔にするのが仕事だと僕は思います。

職員、入所者さんの笑顔で感染症に負けない様に頑張りましょう!

 

(おくらの里 フロアー長Y

 

面会

皆さん、こんにちは。

2月も終わり、少しずつ暖かくなってきました。

春の足音は聞こえてくるのですが、姿はまだ見えませんね・・・。

そして、コロナウイルスが猛威を振るい世界中で感染が拡大しています。

自分が媒介者にならない為には自己管理が必須ですね。

しっかりと予防して気をつけていきたいものです。

早く感染が終息する日が来る事を願います。

 

先日、インフルエンザ対応の面会制限が解除されたのもつかの間、今回コロナウイルス感染対策の為、再び面会制限となりました。

ご家族様にはご心配や寂しい思いをさせてしまい、大変心苦しく思います。

そんな中、私の頭にふとある入居者さんの事が思い浮かびました。

朝に昼に晩に娘さんの面会を心待ちにされている方です。

「娘はまだ来んねぇ。いつ来るん?」「私、帰れよか?」と何度も尋ねられ東へ西へ歩かれます。

暫く娘さんに会わない日が続けばいったいどうなるんだろう。

周囲に八つ当たりと言わんばかりに怒りっぽくなるのでしょうか。

帰宅願望が少し和らぐのでしょうか。

常に不安を抱え、ここで生活されている方も娘さんに会う事で安心感と癒しが得られるのです。

私たちに娘さんの代わりは務まらないにしても、ほんの少し寄り添うことは可能です。

 

面会制限が解除される日がくるまで、ご家族様の代わりになれるよう穏やかな介護を心がけたいと思います。

 1

 

(GHうわばら 介護職員T)

 

1 2 3 11 »
上に戻る
Copyright © 社会福祉法人 常美会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.