社会福祉法人 常美会のキャッチフレーズ

防火管理

皆さん こんにちは。

 

10月になり涼しくなったと思えば、10月とは思えないような暑い日もあり、寒暖差で体調など崩してないでしょうか。

さて、この度私は、防火管理者の資格を取得しました。①

 

防火管理者とは

火災や震災などの災害

に備えた避難訓練や災害

による被害を最小限にする計画など、活動は多岐に渡ります。

 

住宅用火災警報器の話を紹介します。

2011年に住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、設置して10年以上経過している場合は、内部の電子機器の劣化が進んでいるおそれがあるため、住宅用火災警報器本体の交換をお奨めします。

②

 

防火の原則は、まず「火の用心」、最も短い手紙として

知られる、「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな 馬肥やせ」は

家康の家臣のもので木造日本の基本が火の用心であることがわかります。

 

皆さんのご家庭でも、これから寒くなると、暖房器具を使うようになると思います。

火の取扱には十分注意してください!!

 

(広瀬の里 事務主任S)

敬老の日

皆さんこんにちは。

今年は残暑が厳しく、日中はまだまだ夏と変わらないような暑い日もありますが、朝晩は気温も下がり過ごしやすくなってきましたね。夏の名残を感じながらも、遠く澄んだ空や、朝夕の心地よい風に秋の気配を感じる今日この頃です。

 

さて、広瀬の里2F八重桜ユニットでは、9月16日に敬老の日のお祝いし、たこ焼きパーティーを行い、プレゼントをお渡ししました。

 

「昔、子供と一緒によく作ったわ。丸く焼くのが難しくてねぇ。」、「最近食べてなかったからうれしいわ。たこ焼き大好きなんよ。」と、皆さんたこ焼きを焼きながら、思い出話に花を咲かせ、とても喜んで頂けました。

これからもいろいろなお話を聞かせくださいね。

IMG_1016      IMG_1011

IMG_1020      IMG_1023

    IMG_1043

 

(広瀬の里 フロアー長A)

厨房の紹介

皆さん、こんにちは。

朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなってきましたが、日中はまだまだ残暑が厳しいです。

みなさんは、体調など崩されていませんか?

 

今回は厨房の紹介をします。

厨房に新しく一緒に働く4名の仲間が増えました。はじめは覚えることがたくさんあると思います。

私も初心を忘れず業務に取り組んでいきたいです。

 

毎月の栄養委員会では利用者様の声を聴いて嗜好調査等の結果を基に意見を反映できるように話をしています。それを基に栄養バランスや季節を感じてもらえるような料理を提供していきます。

また、衛生管理の徹底のためにも勉強会なども開き、食中毒や感染予防にも気をつけ、より安全安心な食事を提供できるように取り組んでいます。

 

これからも、調理職員全員でコミュニケーションをとりながら、利用者様に「美味しい」と喜んでいただけるように心を込めた食事を作っていきたいです。

IMG_0318

(おくらの里 調理職員N)

 

思い出話

みなさん、こんにちは。

お盆も終わりましたが、毎日暑い日が続いています。体調は崩されていませんか?

 

暑い日には、冷たいスイーツが食べたい!という入所者さんのリクエストにお応えして先月のおやつクラブでは入所者さんと一緒にバニラソーダアイスを作りました。

IMG_8364

ガリガリ君ソーダ味を入所者さんの前で袋から出した時に「わあ~!懐かしい!棒付きのアイスじゃ!」と目を輝かせていました。一気にテンションがアップしたのは70代後半のFさんです。

もちろんおやつクラブは大成功で、皆さんに喜んで頂けたのは言うまでもありません。

   IMG_9419

これには後日談があり、あらためてFさんから棒付きアイスキャンディーの思い出話に触れることができました。

Fさんが小学校5~6年生の頃(昭和25年頃)、夏になると親からお金を預かって毎日家から2~3軒先にある商店にアイスキャンディーを買いに行っていたそうです。

「昔は今と違って子供がいっぱいおって、大きい子が小さい子の面倒を見よってね。女の子は縄跳びやおはじきやゴム飛び、男の子はベッタンというめんこ遊びをしながら自転車で売りに来たアイスを食べたりしよったんよ。」と教えてくれました。

 

Fさんが好んで食べていたアイスは棒付きのアイスキャンディーで白い甘酒味、小豆アイス、オレンジアイスでした。「私はねぇ、小豆の入ったアイスキェンディーが一番好きだった~」と懐かしい味を思い浮かべながら語ってくださいました。

「思い出したらアイス食べたくなった~」とFさんと2人顔を見合わせて笑いました。

 

Fさんの子供時代の懐かしい、楽しい思い出を聞いていると他にも色々な思い出話を聞いてみたいなと思うようになりました。

 

(おくらの里 介護職員H)

 

そうめん流し(特養)

皆さん、こんにちは。

毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

夏休み中の子供達や若者達は、海やプールへと、楽しいイベントが沢山ありワクワクしている方が多いと思います。

暑いのが苦手な私は・・・バテ気味です。

 

先月、おくらの里(特養)でもそうめん流しを行いました。

広瀬の里の玄関前のピロティーに、本格的な会場を設置し提灯ぶらさげ雰囲気を盛り上げます。

全長6メートル程の長い竹筒の上をスルスルとそうめんが流れていきます~

IMG_8287 

入所者さんの前にそうめんが流れてくると「今よ!流れてきたよ!」と職員の声が聞こえてきます。

上手に取れると「取れたよ~!」と自慢げに見せる入所者さん。

なかなか上手に取れない入所者さんは、職員が手伝いながら取ります。

冷たくてツルツルと、喉越しも良く皆さん楽しみながらお腹いっぱい頂きました。

当日は、天気には恵まれず、あいにくの雨でしたが、竹筒の上を涼しげにゆらゆらとそうめんが流れていく光景は、風流で清涼感たっぷりでした。

 

毎日暑い日が続いていますが、夏を楽しみながら乗り切りましょう!

 

(おくらの里 介護職員O

 

そうめん流し(デイ)

皆さん こんにちは!

先週梅雨明け宣言があり本格的に夏となってきましたが、体調を崩されたりしていませんか?

 

先日、雨の日デイサービス恒例の『そうめん流し』の行事が行われました。

おくらの里から広瀬の里に移動してセッティングされた席に着き、

『いっただきま~す!』と大きな声が聞こえてきました。

IMG_8221

今日は特設ステージで、いつもと違った食事と皆さんの姿…とても嬉しそうな笑顔で美味しそうに食べられていました。

そうめんを取るために必死でお箸を持って待ち構える方もいらっしゃいました。そうめんに夢中になり、他のおかずになかなか箸が進まず残してしまった方が沢山見受けられました。

IMG_8152

職員の私達も笑顔で一緒に過ごせることができて、とても楽しい一日でした。

「また来年も食べるよ!」の声が早くも聞こえてきました😊

 

(デイサービスセンターおくらの里 看護職員M)

七夕

皆さん こんにちは (。・∀・。)ゝ

今年は梅雨入りが遅かったので、まだ鬱陶しい日が続いておりますがいかがお過ごしですか?

 

広瀬の里では先日、七夕の笹飾りを皆で作って飾りました。 (*^-^*)

① ②

 

皆さん 七夕の笹飾りにはそれぞれ意味があるのはご存じでしょうか?

 

◆◆吹き流し◆◆ 織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。

◇◇網飾り◇◇  魚を捕る網を表しており、豊年豊作大漁の願いを込めています。

◆◆折り鶴◆◆  長寿を願い、長寿のシンボルである鶴を折ります。

◇◇かみこ◇◇  紙の人形を飾ると、裁縫が上達し着るものに困らなくなるという意味。

◆◆財布◆◆   金運上昇を願い、折り紙で折ったり本物の財布を下げたりします。

◇◇くずかご◇◇ ものを粗末にしないという意味で七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙のかごに入れてつるします。

 

③ ④ ⑤

 

昨年の七夕は西日本豪雨災害があり、

多くの犠牲者とたくさんの被害が出て、連日暗いニュースが続きました。(`;ω;´)⑥

 

今年の夏も豪雨の予想が出ておりますが...

☆彡流れ星…! (-人-;) 「どうか被害が少なくすみますように」×3回

 

(広瀬の里 機能訓練指導員A)

あじさいロード

みなさん、こんにちは!

七夕が待ち遠しく思う頃、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

いよいよ夏本番に突入となります。

 

ヘルパーステーションは基本365日稼働しており、人員不足の中、日々頑張って走り回っております。

訪問先への移動のため、山田のあじさいロードを毎日のように車で走るのですが、6月中旬からあじさいの花が見ごろになり思わず車を停めてホッと一息!

 

年々、あじさいの中にいるかかしが増えているような・・・かかしとあじさい1

時々、本当の人間と見間違えドキリとすることがあります。

 

時間に追われ気持ちに余裕をなくしそうな時、あじさいの花とこの看板を見て癒されています。

あじさい  かかしと看板

 

春先の桜の花もまた見ごたえがあり、やっぱり車を停めてちょこっと休憩( ^ω^)・・・ さくら

こうやってあじさいロードを毎日走り巡るのも、早や7年目になりました。月日が経つのは早いです。

歳を取るのも早い・・・(´;ω;)

 

 

 

このあじさいロードを車で走っていて、今までにびっくりするハプニングもあります。

1つ目は、道路を走っていると道のど真ん中に何やらピンク色の物体が落ちていました。車で近づくにつれ、その物体の正体が見えてきました。誰かの落とし物の総入れ歯(上)だったのです。拾うかどうするか迷っているうちに遠ざかってしまいました。しかしなぜ入れ歯が落ちているのか(?)

 

2つ目は、つい先日のこと。やはり車で走っていると散歩中のおじいちゃんが杖を突いて歩いていました。

横をすれ違う時にチラッと顔を見ると、何やら普通でないので二度見しました。かけている眼鏡が割れてヒビが入り、鼻から下は血だらけなのです。思わず車を停めてティッシュを握って近寄って行き声をかけました。散歩中に転倒したと言われていました。転倒ししばらく動けなかったのか顔の出血は乾いてしまい、拭き取ることができませんでした。幸い自宅はすぐ近くだと言うので、玄関に向かうところを確認して帰りました。これにはびっくりしました。

こんなこともあるんだなあ~と思いました。

 

おくらの里に入職してから、毎日のように走り続けているあじさいロードは、いろんな思いを巡らせながら走って来た道です。

在宅生活を続けて頑張っている利用者さんが待っていてくれているかぎり、私もまだまだ走り続けて頑張らないと!

また、あじさいロードで一息つきながら・・・(o^―^o)

 

 

(おくらの里 ヘルパーステーション サービス提供責任者F

 

 

グループホーム

みなさん、こんにちは。

今年の梅雨は、雨が少ないですが、ジメジメした日が毎日続いていますね。

 

私がグループホームうわばらに入職し9か月が経ちました。

以前は病院に勤務していたため施設での勤務は初めてです。

病院と違うところは、入居者さんが9名と職員がいて入居者さんは「認知症」と出会ってしまっているということです。

同じことを繰り返す方、こちらの思いが上手く伝わらないことも多々ありますが、入居者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉が大きな励みになって今に至っています。

「おはよう」と声がして1日が始まります。更衣、排泄、入浴をはじめ体操、カラオケ、ゲーム、通院と個々に合わせた生活の場があります。

自分で出来ることはやって頂き、必要な時は手を貸し、またその時には、そっと見守りながら時間を共有させて頂く。365日グループホームで暮らす一人一人の笑ったり、泣いたりの時間を一緒に過ごしていくことが私たちの介護という仕事になっています。

 

老いは誰にでもやってきます。グループホームで同じ時間を過ごす、入居者さんと職員が楽しい時間を作っていく事が最高の介護につながっていくと思います。大切なやり甲斐のある職業だと思います。

IMG_4253 IMG_4278

 

(グループホーム 介護職員H)

平成~令和

皆さんこんにちは。広瀬の里2階副フロアー長のSです。

 

4月に平成は終わってしまいましたね・・・。

平成時代と共に駆け抜けてきた我が広瀬の里!(大袈裟w)

今回はそんな広瀬の里の平成の歩みを当時の世の中の様子と併せて振り返ってみたいと思います。

 

平成23年10月23日

①

競馬かい!!(自分ツッコミ)…ハイ、スイマセン(汗)あまり暗い出来事を載せたくなかったので…(涙)

ちなみに秋篠宮眞子様が成年になったのも開設と同日だったそうです。

 

 

平成27年

いきなり何年も飛んだなとお思いの方…スミマセン諸事情です(汗)

②

とても楽しそうですね^^

 

 

平成29年

③

はい、こちらもジュリアナのように盛り上がっております。

先生をお迎えして歌ったり踊ったりする音楽療法はいつも大盛り上がりです。

 

 

平成31年

そして平成最後の年…その時広瀬の里は!!

④

はい、最後は普通でしたね(笑)平成最後も令和も関係なく広瀬の里は平常運転となっています。

鬼退治をしましたが、その後皆さんは、鬼ときちんと仲直りをしました。

 

以上、広瀬の里平成の歴史紹介でした~(笑)いたって普通でしたね。

令和の時代も広瀬の里は入居者が安心して楽しく暮らせる場所であり続けたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

(広瀬の里 副フロアー長S)

 

 

1 2 3 9 »
上に戻る
Copyright © 社会福祉法人 常美会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.